スポンサードリンク
スポンサードリンク

2014年08月05日

STAP【理研】笹井芳樹氏 自殺 現場に遺書

理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市中央区)の笹井芳樹副センター長(52)が5日朝、センターの建物の中で首をつっているのが見つかった。兵庫県警察本部によると、午前11時3分、搬送先の病院で死亡が確認された。5日午前9時前、神戸の理研に隣接する先端医療センターの4階と5階をつなぐ踊り場で、笹井氏が階段の手すりにロープのようなものをかけて首をつっているのを巡回中の警備員が発見。その後、病院に緊急搬送されたが、午前11時過ぎに死亡が確認された。

発見された笹井氏は、半袖シャツにスラックス姿で、踊り場には革靴とカバンが置かれていたという。関係者によると、カバンの中には3通の遺書が入っており、その中の1通は小保方氏宛てだったという。またこの他に、笹井氏の研究室にある秘書の机上にも遺書のようなものがあったという。このことから、笹井氏は自殺を図ったものとみられている。

笹井氏は今回問題となっているSTAP細胞の論文の責任著者の一人で、小保方晴子研究ユニットリーダーの指導者。小保方氏が行った実験を元に、笹井氏が、執筆を指導する形でまとめ、今年1月の記者会見の際には、自ら進行役を務め、内容を説明していた。

STAP細胞の論文不正発覚後、理研の調査委員会は、データの正確性を確認しないまま、論文を投稿した責任は重大だと笹井氏を指摘。STAP細胞そのものの存在が疑問視されていた。理研は4月以降、論文通り再現できるのか、小保方氏も参加し、検証実験を進めており、8月中に中間報告を出す予定だった。

笹井氏は、動物の神経細胞を作り出す物質の研究が専門で、平成12年に理化学研究所のグループディレクターに就任し、去年4月からは理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの副センター長に就任。今回不正が発覚したSTAP細胞の論文では、小保方氏の指導者として、今年1月にメディアへ向けて大々的に発表。「ノーベル賞ものの大発見」に世界がにぎわった。ところが、ふたを開けてみると論文そのものが不正まみれだったことが発覚。小保方氏、笹井氏それぞれが個々に釈明会見を行い、世間からバッシングを浴びる結果となった。

笹井氏と小保方氏の関係について、以前より不倫関係にあるとの声が多く、「小保方さんは僕のシンデレラ」などと小保方氏を寵愛していたことは理研内でも有名であった。また、STAP論文の不正発覚後には「僕はケビン・コスナーになる」と語っていた。

さしたる業績もない30歳の小保方氏をCDBのユニットリーダーにするよう強く推挙したのが笹井氏で、小保方氏は理研に来てから2年間、神戸の高級ホテル『ポートピアホテル』でホテル暮らしをしていた。部屋代だけで月に軽く20万円超だったという。

笹井氏は、iPS細胞でノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥・京大教授への対抗心を燃やしてたことは有名で、ことあるごとにiPS細胞を比較対象にしていた。同学年の二人だが、もともと笹井氏の方が圧倒的にリードしていたという。ところが、iPS細胞の発見で山中氏が大逆転。焦った笹井氏の前に、STAP細胞という夢の万能細胞をひっさげて現れたのが小保方氏だった。この世紀の大発見で一気に山中氏を追い越せると笹井氏は思った。笹井氏の小保方さんへの入れ込み方は相当なものだったという。

STAP細胞発表当初、笹井氏は小保方氏について、研究ノートなどもきちんとまとめており、研究資料なども確認してが彼女は完璧だ、と語っていたが、後に小保方氏の研究ノートが公表され、それらは全て虚偽だったことが発覚してしまった。

STAP細胞の存在そのものには自信を見せていた笹井氏だったが、検証実験の結果をみることなく、人生に終止符を打ってしまった・・・。ご冥福をお祈りいたします。


posted by チャンス at 13:04| ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

加護亜依 新ユニットでグループ内格差「当たり前じゃないですか」

31日、元モーニング娘。の加護亜依(26)が、「メッセンジャー&なるみの大阪ワイドショー」(MBS)に出演し新ユニットの内情を暴露した。自身が率いる3人組ガールズユニット「Girls Beat!!」が7月22日にはデビューシングル「世界征服」をリリース。本格始動したユニットについて、自身と新メンバー2人とのグループ内格差「当たり前じゃないですか」ときっぱり言い放った。

gb1.jpg

gb.png


「Girls Beat!!」はユニットといっても、楽曲のボーカルの9割を加護が歌っている。このことについて、「私がやりたい、って始めたユニットだから当然です。」さらに、オーディションで選んだメンバー麗美と稜菜が「2人ともまだ歌えない」とバッサリ斬りすてた。


喜多麗美
gb3.jpg

「株式会社威風飄々」所属、22歳。石川県出身です。元バックステージpass(つんくプロデュースのアイドルカフェで働くメンバーで組んだユニット)で活動

姫乃稜菜
gb2.jpg

「株式会社威風飄々」所属、22歳。北海道生まれの神奈川県育ちです。以前『牛角』でアルバイトしていた。


さらに、都心から離れたマンションで姉と2人暮らしをしている麗美の密着映像を番組内でオンエア。アイドルとしての収入が未だ「0円」のため、週5日、コンビニで時給900円のアルバイトをしていることなどを明かした。

一方、リーダーの加護は月給20万円が確保されているという。加護は、グループ内の格差について「当たり前じゃないんですかね」と平然と答えた。

加護の新ユニット募集時、「加護亜依と共にガールズユニットの頂点を目指したいあなたのエントリー待ってます!」という触れ込みのもと、特定のプロダクションと契約していない15歳〜21歳の女性を対象に、募集したところ、思った以上に応募がなかった為、年齢を引き上げて再募集をかけた。オフィシャルページには456名がエントリーと書かれていたが、実際はもっと少なかったとも言われており、二次審査を受けたのは若干15名。その中から今回の2人が選ばれた。

未成年で喫煙問題・不倫騒動(裁判沙汰)・2度の自殺未遂・DV問題・業界復帰するも度重なるドタキャンで契約解除・妊娠・出産と若干26歳だが波乱万丈な人生を歩んできた加護。一時は円形脱毛症に悩まされていた事もあった。また、不倫相手の奥さんから慰謝料を請求されジャズシンガーとして活動していた時期もあったというが、やはりアイドルとして持てはやされたい気持ちが捨てきれなかったという。自身の目標は若き日の松田聖子だと言い、打倒AKBに意欲を燃やしている。どこまでユニットとして頑張れるか、今後の活躍に期待したい。





posted by チャンス at 12:45| ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

アナ雪主題歌で何故か嫌われるMayJ. 松たか子の紅白は希望薄か?

毎年恒例となっている大晦日の『NHK紅白歌合戦』。今年の目玉企画になると予想されている『アナと雪の女王』で論争が起きている。主題歌「Let It Go〜ありのままで〜」を誰が歌うのか注目が集まる中、松たか子の出演が危うくなっているという噂が流れているのだ。

mayj1.png


紅白サイドは、かなり早い時期から松にオファーしていたという。松は当初、『May J.さんと一緒に出るなら考えます』と、出演する意思を示していたところ、ここに来て渋っているのだとか。というのも、劇中の松の歌声は、アフレコルームでキャラクターの動きに合わせながら、何テイクも録り直しており、やっとOKが出たものだからだ。生放送の一発勝負で、劇中のものと同じクオリティーの歌唱を披露できる自信がないというのだ。また、松はこれまで、『Let It Go〜ありのままで〜』を公の場で披露したことがなく、“主題歌”という認識で歌ったこともないという。松にとって『Let It Go〜ありのままで〜』は、アフレコの一部でしかないのでは?と芸能ライターは語る。

松は4月に『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ)に出演した際、「Let It Go〜ありのままで〜」のレコーディングを振り返り、「オリジナルがあってのアフレコは初めてだったので、どうやればいいのか分からなかった」、「映像が完成されてるので、自分の気持ちいいところで歌えなかった」、「全身が筋肉痛になった」などと語り、松がこれまで経験してきた歌のレコーディングとは別ものであったと力説していた。

一方、映画のエンディングテーマとして「Let It Go〜ありのままで〜」を歌っているMay J.は、テレビやイベントに引っ張りだこ状態。7月25日の『ミュージックステーション 3時間スペシャル』(テレビ朝日系)に出演しており、英語バージョンも披露している。今後も『音楽の日』(TBS系)や、全国の花火大会、音楽フェスなど、スケジュールはびっしり詰まっているという。

mayj.png


知名度が低かったMay J.が知名度を上げたのが関ジャニ∞の冠番組「関ジャニの仕分け∞」のカラオケ得点対決だ。26連勝という快挙を成し遂げ、一気に知名度を上げたことは有名。だが、自身のリリースしたアルバムはいずれもヒットせず。カバーソングばかりが目立つ歌手になっていた。ところが今回の『アナ雪』効果で、2ndカバーアルバムの売り上げが25万枚を突破し、May J.にとってはウハウハものかと思われたが、世間からは批判が多い事態となっている。

May J.は先月、オリコンの取材に対し、「紅白は小さい頃からの夢でした」「大みそかのスケジュールは今から空けてあります。スケジュール帳には『紅白(仮)』と書いてます」と語った事が原因で、「わざわざ言うのがあざとい」「みんなが聞きたいのは、お前の歌声じゃない」とバッシングが殺到している。

さらに、大バッシングを受ける事になってしまったのが、現在発売中の「婦人公論」(中央公論新社)での特集。May J.は雑誌のインタビューで、「実は歌を収録したのは、私が一番早かったんです」と、松や神田沙也加よりも先に自分レコーディングしていたことを明かし、ネット上では「アピールに必死」「だからなんだ」「歌に心がこもってない!」「歌が上手いだけで感情が入ってない」「英語バージョンひどいな」などと冷たい反応が相次いだ。

もしも紅白に松が出演すれば、NHKは『松たか子がテレビ初披露!』と大々的に宣伝するだろう。しかし、松が出場しないとなれば、May J.による聞き飽きた『Let It Go』が目玉となることは確実。もしそうなれば、視聴者からまた、『お前じゃない』の大合唱が起きてしまうのは目に見えていると関係者はこぼしている。視聴率40%割れをなんとしても避けたいNHKだが、今年の成功は松にかかっているといっても過言ではないと芸能関係者は語っている。

posted by チャンス at 22:14| ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。