スポンサードリンク
スポンサードリンク

2014年08月24日

一部のiPhone 5にバッテリーの不具合、アップルが無料交換プログラム実施

米Appleは8月22日、一部のiPhone5で、バッテリー残量が急に減少するトラブルが起こり得るバッテリーの不具合があったことを発表しました。この不具合を解消する為、Apple社は無償バッテリー交換プログラムを用意し、米国と中国で22日より交換手続きを開始。日本を含むその他の国では8月29日から交換手続きを開始する。

交換対象になるのは2012年9月から2013年1月の間に販売された一部のiPhone5で、対象端末であるかは「iPhone 5バッテリー交換プログラム」のWebページで端末のシリアル番号を入力して確認してください⇒

交換対象であった場合、Apple Store直営店か、Appleの正規サービスプロバイダ、Appleのテクニカルサポート、いずれかを通じて交換手続きを行ってください。Apple社では、端末の検査を実施し、バッテリーの状態やバッテリー交換の支障になる損傷の有無などを確認します。なお、対象端末のバッテリーをすでにユーザーが自費で交換している場合は、バッテリー交換ではなく返金になる可能性があるとしています。


お使いのiPhone5を修理に出す前に、必ず以下の準備を行いましょう。
■iTunes または iCloud にデータをバックアップする。
■「iPhone を探す」をオフにする。
■「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップして、データと設定をすべて消去する。

注:画面のひび割れなど、バッテリーの交換に支障をきたす損傷がある場合は、修理を優先する為、場合によっては別途修理料金がかかります

修理/交換は製品を購入した国でしか受けられない場合があります。


この全世界共通のプログラムはiPhone5の通常の保証期間を延長するものではないとのこと。本プログラムは、iPhone本体の最初の小売販売日から2年間、または 2015年3月1日まで (いずれか期間の長い方)の対象となる iPhone5のバッテリーに適用されるものです。
posted by チャンス at 21:12| ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。