スポンサードリンク
スポンサードリンク

2014年08月12日

アナ雪主題歌 May J.「なぜ理解されないのか」松たか子人気に嫉妬

歌手のMay J.(26)が10日放送の「情熱大陸」(TBS系)に出演し、大ヒット中のディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go〜ありのままで〜」において、自身の担当したエンディングソング版より、エルサ役の声優を務めた女優・松たか子(37)による劇中歌版のほうが人気度が高いことを嘆いた。

mayj.png


May J.は番組内で、「なぜエンドソングはMay J.が歌っているの?と思っている人が多い」と訴え、松たか子版「Let It Go〜ありのままで〜」の方が人気度が高い事への複雑な心境を吐露した。

また、May J.は番組内で、世界各国どの「アナ雪」においても、劇中歌とエンディングソングでは歌手もアレンジも違っていると説明し、「そういう仕組なんだけどな」「理解されていないことが残念」と悔しいと訴えた。さらに「それでも日本版の主題歌を担当させていただいているし、人になんと言われようとしっかりと責任感をもっていい歌を歌い続けるしかないんですよね」と自信たっぷりな発言をしてみせた。

さらに、「オリジナル曲が売れない」という悩みも訴えた。2006年のデビュー以降、これまでに6枚のアルバムをリリースしてきたが、売上は低迷しているという。「自分の歌を届けたい」という思いはあるが、やはりオリジナルソングリリースでは、「ヒットなんか簡単にできないですよ」と落胆の表情を見せた。

歌は上手いが歌に表現力がない、心がないとバッシングを浴び続けるMay J.。彼女がアナ雪に対して何らかのコメントを出す度に風当りは強くなる一方だ。今回の番組を見ていた視聴者からも、一部の同情を集めたものの、やはりアンチは増える一方・・・。

今回、アナ雪で良くも悪くも一気に知名度を上げ、9月10日、満を持してオリジナルシングル「本当の恋」をリリースするが、果たしてヒットとなるか、どこまで多くのファンをつかんだかが今後のカギとなる。

posted by チャンス at 00:34| ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。