スポンサードリンク
スポンサードリンク

2014年09月30日

少女時代ジェシカ脱退 その理由

今もなお絶大な人気を誇るK-POPガールズグループ・少女時代のメンバー、ジェシカが30日午前、自分のWeiboに「会社と8人から今日付で、私はこれ以上少女時代のメンバーではないという通知を受けました」と一方的な“通告”を受けたことを明かした。

一方的な通告を批判した形だったが、所属事務所のSMエンターテインメントはすぐに「8人体制の少女時代の活動を当初より早めることを決定するしかなかった」と明かし、少女時代が今後8人体制で活動することを伝えた。

さらにSMエンターテイメントは「今年の春、本人の個人的な事情により、アルバム1作の発売を最後にチームとしての活動を中断することを知らせてきました」と本人から話があったとし、当初は「急な申し出に、弊社と少女時代メンバーは、少女時代のために良い方向に導こうと、断続的に努力し、悩んできました」と説得も試みたと発表。

脱退の原因については「少女時代の活動に対する優先順位及び、利害関係が的確に調整ができない状況で、ジェシカがファッション関連事業をはじめることになり、継続的な話し合いにも拘らず、チームを維持できない状況に至りました」と説明。「今後弊社は、8名体制の少女時代とジェシカの個人活動に対し、引き続き支援し、マネージメントをしていく予定です」としている。

ジェシカの“プライベートな事情”とは何か、現在は不透明な状態だが、今年に入り、ジェシカの恋愛や結婚の可能性などが相次いで報道され、恋人との関係が公式に広く知られるようになり、恋人との関係がグループの活動に影響したのではないかと噂されている。

jesika.png


ジェシカは恋人のアメリカ人男性とファッションブランドを立ち上げ、彼女がデザインしたサングラスも発売されている。ジェシカ自身もデザイナーとして、留学志望しており、少女時代の活動の優先順位や利害関係が衝突する部分が多々発生していたと事務所側は語っている。

jesika.png


だがジェシカはプライベートなことで少女時代の活動を疎かにしたことはないと強調。

タレントが個人的に事業を始めることで他のメンバーや事務所と意見が衝突するケースは過去にも多発している。韓国の芸能業界では、過去の事例からみても、グループのイメージが事業にも直結するが、それを個人がどのように活用するかをめぐり、タレントと事務所の意見が一致することは難しい。

SMエンターテイメントは今後、少女時代を8人体制で運営すると明らかにし、ジェシカのソロ活動も言及。
いきなりのグループ脱退騒動にジェシカはもちろんの事、事実上ツートップともいわれたジェシカの脱退にファンの同様は隠し切れない。


posted by チャンス at 21:06| ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。