スポンサードリンク
スポンサードリンク

2014年08月31日

江角マキコCM打ち切り・レギュラー降板検討 年内にも芸能界追放?

女優の江角マキコ(47)が芸能界引退の危機に陥っている。週刊誌に「落書き事件」への関与が報じられた影響で、CMの打ち切りやレギュラー番組の降板が検討されるなど芸能活動に大きな影響が出ており、もはや挽回が難しい立場にまで追い込まれている。

発売中の「週刊文春」(文藝春秋)で、2012年末に江角が当時の男性マネジャーA氏に、長嶋一茂(48)の自宅に「バカ息子」などと落書きをするように命じたという驚愕の記事が掲載された。落書きされた長嶋宅の壁には「バカ息子」「バカ」「アホ」などと書かれており、白ペンキがぶちまけられたガレージのシャッターなど証拠写真も掲載されており、スポーツ紙やワイドショーでも相次いで報じられている。

これが事実であれば「器物損壊罪」「建造物損壊罪」というれっきとした犯罪、江角とA氏は主犯・実行犯という共犯関係として逮捕される可能性がある。だが、これほどの重大な報道がガセならば、当然、江角サイドは猛烈に反論してくるはずなのだが、江角は未だ公式にコメントを出しておらず、頻繁に更新していたブログも今のところ動きがない。

江角と長嶋の二人に接点があるように思えないが、実は江角と長嶋の娘は同じ名門小学校に通っている同級生、仲たがいするまでは両家は家族ぐるみの付き合いをしていた。だが、4年ほど前から子ども同士の関係が悪化、長嶋の妻と江角のいがみ合いが始まり、ママ友バトルに発展していった。その様子を江角は「娘が長嶋の子どもにイジメられている」と当時マネージャーだったA氏に相談し、落書きを指示したとされている。

ではなぜ二年前の出来事が今さら?と思われているが、この騒動の発端は江角のブログに原因があった。江角は7月末に『ママ友イジメ』を受けていた事をブログで突然告白し、世間の同情を一身に買った。ところが実はそのイジメは逆で、その対立していたママ友グループの中心人物こそ、長嶋の妻だったという。江角のブログでイジメの加害者と書かれたことに激怒した長嶋の妻はママ友たちと連携して週刊誌上で反論、さらなる報復として今回の落書き事件のネタをメディアに流した。当然、落書きをされた被害者なので、証拠写真も持っており、メディアに提供したとされている。さらにタイミングがいいことに、江角は独立し、後ろ盾をなくしていたことも、ママ友グループに有利に働いているという。

この騒動の影響を重く受け止めた「花王」は、現在江角が出演しているテレビCMの放送を中止し、次々と同社の別商品のコマーシャルに差し替えており、江角起用のCMは打ち切りが濃厚になっているという。

花王サイドも「一連の報道を受け、現在は事実確認中」と騒動の影響であることを既に認めており、江角は大手のスポンサーを失いそうな気配だという。さらに、現在レギュラー出演している『バイキング』(フジテレビ系)『私の何がイケないの?』(TBS系)『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)を年内にも降板させられる危険性もあるという。

花王といえば、テレビ局にとっては超有力スポンサーの一つで、その花王が『江角はもう使わない』と判断すれば、その余波は広告業界全般に一気に広がり、局側は江角を起用しづらくなるという。実際のところ、現在レギュラー出演している番組も、すでに局上層部が『キリのいいところで降板させられないか』と検討に入っているといい、影響は避けられない状況だという。もし江角サイドからこの騒動について、納得のいく説明や会見がなければ、今年中にも芸能界から追放されることは確実だと芸能関係者は語っている。

着実にキャリアを積み上げてきたように見えた江角だったが、実際は業界内にも敵が多く、もはや誰も擁護する者は皆無となっている状態。そこへ自身のブログでママ友イジメの話題を振ってしまい、窮地に立たされるとは夢にも思わなかったことだろう。04年に発覚した年金保険料未払い騒動の窮地を見事に乗り切った経験のある江角だが、今回ばかりはイメージの悪化も相当なものであり、犯罪者になってしまう可能性が高い。ここからの逆転はかなり厳しそうだ。

posted by チャンス at 19:43| ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

江角マキコが元マネージャーに命じて長嶋一茂宅に落書き

先日、自身のブログで「ママ友イジメ」の被害に遭ったことを告白するも、ママ友から週刊誌上で反論され窮地に陥っている女優の江角マキコ(47)に、さらなる驚愕のスキャンダルが噴出した。発売中の「週刊文春」(文藝春秋)によると、江角は当時、所属していた大手事務所「研音」の担当マネジャーA氏に指示し、長嶋一茂(48)の自宅に「バカ」「アホ」「バカ息子」などと落書きをさせたと報じたのだ。

えすみ.jpg


1.jpg


文春によると、江角と一茂の娘は同じ名門小学校に通う同級生で、事件以前は家族ぐるみの付き合いをしていた。だが、4年ほど前から江角と一茂の妻の関係が悪化、現在はママ友バトルに発展している。今回自身のブログで告白していた「ママ友イジメ」も、この一茂の妻が大きく関係しているのだ。

2012年12月、長嶋一茂の自宅が落書き被害に遭った。この主犯格が江角だというのだ。江角は2012年、当時所属していた大手事務所「研音」の担当マネジャーA氏に「娘が一茂さんの子どもにイジメられている」と告白している。その報復行為で、一茂宅への落書きをマネージャーに依頼したという。A氏は江角の頼みを断り切れず、ホームセンターでペンキやスプレーを購入し、事件当日深夜、マスクに手袋で変装して一茂宅へ向かい、落書きに及んだという。

文春の記事には落書きを目撃した近所の人の証言と、一茂宅の真っ白な壁に「バカ」「アホ」「バカ息子」などと誹謗中傷が書かれている写真、ガレージのシャッターに白いペンキがぶちまけられている様子が証拠として掲載。

ではなぜ今になってこの事実が明るみになったのか?そこには江角の事務所独立が大きく関係している。大手芸能プロの庇護によって、これまでは江角の悪評やスキャンダルは封じこめられてきた。当然マネージャーも江角に逆らう事など到底できなかった。だが、江角が3月に独立し、江角を庇護する者は居なくなり、ずっと後悔にさいなまれていたA氏が親しい知人に「実は...」と落書きの一部始終を話したという。さらにA氏は、江角から「スプレー代」として十万円の謝礼を受け取ったことも語っているという。

もしこれが事実ならば「器物損壊罪」や「建造物損壊罪」として、江角とA氏は主犯・実行役となり、逮捕される可能性も出てくることになる。

文春に直撃されたA氏は初め「僕が当事者だということを認めて、そちらに話せば、逮捕される口実ができてしまう」などと捜査の手が及ぶことを懸念し、言葉をにごしていたが、後日再度、落書きの件を問うと「誠意をもって謝ります」と、事実であった事を認めた。江角本人や研音はノーコメントを貫いている。

「全くの事実無根であれば、自身のブログで嬉々と週刊誌報道を否定するだろう。しかし、今のところ江角は全くのノーリアクション。突かれて痛いところがあったと思われても仕方ない。実際に証拠写真もあるわけで、江角が何らかの形で関与していたことは間違いないでしょう」と芸能関係者は語っている。

「もし江角の指示があったとすれば、その陰湿で幼稚な行為は卑怯極まりない行為であり、今までの『カッコイイ女』『サバサバキャラ』といった彼女のイメージを一気に崩壊する。ママ友イジメの被害者という立場も実は真逆との見方が強い。タレントとしては致命的。江角が現在抱えている3本のレギュラー番組も、もともと研音時代に取った仕事なので、これが事実だとすると降板は免れない。それどころか犯罪者として、ヘタすれば引退もありえる状況だ」と芸能関係者は語る。

江角は気が強くてトラブルが多く、業界内に敵がたくさんいるという。確かに、テレビでバラエティ番組も見ている限りでも、彼女の気の強さは一目瞭然だ。これまで大手事務所「研音」の庇護によって、江角の悪評やスキャンダルは闇に封じこめられてきた。しかし江角が独立した事により、彼女の立場は一気に窮地に立たされている。江角に恨みを抱えている業界人たちが、ここぞとばかりに彼女を潰しに掛かっていると言われており、週刊誌などに次々とネタが流されている現状だ。

「業界では、タレントが独立すると、元所属事務所に嫌がらせされるケースはよくあるが、それ以外の業界人からこれだけ恨みを買っているの人は珍しい。いずれにせよ、いわれなき中傷ではなく、江角の身から出たサビなので自業自得の部分が大きい」と週刊誌記者が語っている。

posted by チャンス at 18:09| ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デング熱、新たに2人 代々木公園で感染か

厚生労働省は、国内でデング熱に感染した人が、27日に発表した女性に加え、さらに2人確認されたと発表。3人は同級生で、東京の代々木公園でデングウイルスを保有する蚊に刺されて感染した疑いがあるという。

厚労省によると、新たにデング熱の感染が確認されたのは、東京都に住む20代の男性と埼玉県に住む20代の女性、いずれも海外渡航歴はないという。現在二人は入院しているが、快方に向かっているという。

国内では26日、最後の報告から69年ぶりに、埼玉県に住む10代の女性が、デング熱に感染したことが確認されている。新たに感染が認められたこの3人は、東京都内の同じ学校の同級生で、学園祭の練習のため、今月上旬から中旬にかけて、週3回ほど代々木公園に出かけ、蚊に刺されたという。

蚊がデング熱に感染した人を刺すと、蚊の中で、1週間ほどかけてウイルスが増殖する。感染した蚊が、また別の人間を刺すと刺された人がデング熱に感染してしまうのだ。都は26日から27日にかけて、3人が蚊に刺された渋谷門付近で35匹の蚊を調べたが、デング熱のウイルスを持つ蚊は見つかっていないという。

だが代々木公園でデングウイルスを保有する蚊に刺されて感染した可能性をみて、代々木公園付近を29日朝まで立ち入り禁止にし、蚊の駆除を行う。

※デング熱とは
デングウイルス(Dengue virus)が原因の感染症であり、熱帯病の一つ。現在のところ有効なワクチンはなく、海外で感染し、帰国後に発症するケースが、1年に200件ほど報告されているが、国内での感染は、戦後69年間報告されていない。
デングウイルスに感染すると、主な症状としては発熱、頭痛、筋肉 痛や皮膚の発疹などが発症する。主に蚊が媒体となることから、人から人への直接感染することはない。
潜伏期間は2〜15日(多くは3〜7日)突然の高熱で発症し、頭痛、眼痛、顔面紅潮、結膜充血を伴い、発熱は2〜7日間持続する。初期症状に続き、全身の筋肉痛、骨関節痛、全身倦怠感を起こし、発症後3〜4日後、胸部、体幹から始まる発疹が出現。四肢、顔面に発疹広がり、症状は1週間程度で回復へとむかう。
posted by チャンス at 00:00| ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。